主たる営業所等届出とは

従来、古物営業の営業所が複数の都道府県にまたがる場合は、それぞれの都道府県公安委員会ごとに古物商許可を取得する必要がありました。しかし、古物営業法の改正により、今後は主たる営業所等の所在地を管轄する公安委員会の許可を受ければよく、それ以外の都道府県に営業所等を設ける場合には届出で足りることとなります。

こうした法改正により、現在古物商の許可をお持ちの方は主たる営業所の届出が必要です。
この届出を令和2年4月1日の施行日の前日まで行わないと、従来の古物商許可は無効になります。ですから、令和2年4月1日以降は主たる営業所の届出を行わないで古物営業を行うと「無許可営業」になってしまいます。

主たる営業所とは

営業の中心となる営業所のことをいいます。(法人登記上の「本店」や、企業組織上の「本店」等であっても、実態として「営業の中心となる営業所」でなければ、ここでいう主たる営業所に該当しません。)
現在営業所が1箇所のみの場合であっても、主たる営業所の届出を行う必要があります。

届出場所

主たる営業所の所在地を管轄する警察署の防犯係が窓口です。

届出期限

令和2年3月31日まで。