「古物営業ガイド」の記事一覧

古物商許可を受けて廃家電を回収するときに気をつけること

古物商の許可を利用して、家電リサイクル法で回収が義務付けられているテレビ、エアコン、洗濯機などを買い取って、中国や東南アジア等に廃家電を輸出するビジネスを行うことが流行っている時期がありました。 現在でも金属スクラップ等・・・

外国人観光客の集客に力を入れるリサイクルショップ

「コメ兵」の中古ブランド品販売、好調続く 訪日外国人客をがっちりつかんだ 「目立つのは中国人観光客とおぼしき女性客。欧米系の人も目につく。訪日外国人に人気が高いというのは本当のようだ。」 ~JCASTニュースより引用~ ・・・

仮設店舗で古物を買い取る場合の注意点

仮設店舗を出す場合の注意点 営業所以外に臨時の売店等を設ける場合の施設を「仮設店舗」と言います。 仮設店舗で古物営業を行う場合は、古物商許可証の「行商をする」欄にチェックが入っている必要があります。 かつては、仮設店舗で・・・

行商従業者証とは -出張買取の際に携帯-

古物商が顧客の自宅に出向いて買取を行ったり、中古車オークションに車両を出品する行為は、「行商」と呼ばれます。 古物商が行商を行う場合には、古物商許可証に行商を行う旨が記載されていなければなりません。 古物商が自らこうした・・・

ネットショップ(Yahoo!ショップ・楽天ショップ)で古物営業

主なネットショップ 主なサービスとしてYahoo!ショップと楽天市場があります。 さらに、アマゾンでもこうしたネットショップの提供サービスを準備しているとのことですので、それぞれのサービスの内容を検討しておきましょう。 ・・・

このページの先頭へ