この古物商許可申請をする場合には、その取り扱う古物の品目により13種類に区分されています。

例えば、地金を買い取る場合には「時計・宝飾品」で許可を受ける必要がありますし、ブランドバックを買い取る場合には「皮革・ゴム製品」で許可を受けなければなりません。

許可を受ける品目は複数でも構わない

古物商許可申請をする際には、13品目の古物の区分から1つを選んで「主に取り扱う品目」として許可を受けます。この主に取り扱う品目については、許可標識に表示して営業所の見やすい位置に掲示しなければなりません。

そして主に取り扱う品目以外の品目については、申請書の「その他に取り扱う品目」に記入することが可能です。これらの取り扱い品目については、許可後に変更届を出すことで、削除したり追加したりすることもできます。

新規申請時に取れるだけ取るのはおすすめできない理由

一見、すべての品目を取ることも簡単なようにも思えますが、こうしたことはおすすめできません。

例えば、車の買取のように許可を受けるのに駐車場が必要となる品目もありますし、また古美術商自動車商ではその取扱いについて実務経験の有無が確認される場合もあります。

こうしたところで警察官の質問や追加資料の提出にきちんと対応できないと、仮に古物商許可申請の許可要件に問題がなくても、許可申請を受け付けてもらえないことがほとんどです。

許可の取得後にも面倒事がある

多くの品目で許可を受けていると、許可取得後に盗品の捜査に警察官がひっきりなしに営業所を訪れることになりかねません。

古物商には防犯に協力する義務がありますから、こうした警察官の捜査・調査を断ることはできません。営業所の立地にもよりますが、幹線道路沿いや駅前に店舗を構えると、警察官が頻繁に訪れて台帳を確認していくことがあるそうです。

許可後に変更届で対応するのがおすすめ

こうしたことから、新規申請時の許可品目は必要最低限に抑えたほうが、許可証発行までの時間も短縮できますし、営業開始後に無用の心配をすることもなくなります。

そして、必要に応じて、許可品目の追加の変更届を出して対応するのがよいのではないでしょうか?