許可を受ける古物の区分を確認する

古物の13区分

古物は13品目に分類されており、古物商の許可を受けようとする場合には、営業所ごとに取り扱う古物の区分を申請しなければなりません。警察署に申し出た取扱い品目以外の物品の買取販売をすることは違反行為になりますので、申請する品目は十分に検討しましょう。

ただし、すべての品目で新規に許可申請をすることは、大きな買取チェーン店に加入するケース以外は通常ありません。

不要な品目まで許可を取ってしまうと、近隣で盗品があった場合に警察官がひっきりなしにお店を訪れて捜査を受けることになりかねませんし、必要であれば許可取得後に変更届を出して許可品目を追加できます。

ですから、新規申請の場合は必要な品目を限定して取得するのがおすすめです。

具体的にどのような物品が分類されるかについては、以下の表をご覧ください。

1.美術品類 あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの
【例】絵画、書、彫刻、工芸品、登録火縄銃・登録日本刀
※美術的価値のない品は道具類となります。
2.衣類 繊維製品、革製品等で、主として身にまとうもの
【例】 着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、布団、帽子、旗
3.時計・宝飾品類 そのものの外見的な特徴について使用する者の嗜好によって選択され、身につけて使用される飾り物
【例】 時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、貴金属類、模造小判
4.自動車 自動車及びその物の本来的用法として自動車の一部として使用される物品
【例】 タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラー等
5.自動二輪車及び原動機付自転車 自動二輪車及び原動機付自転車並びに、その物の本来的用法として自動二輪車及び原動機付自転車の一部として使用される物品
【例】タイヤ、サイドミラー等
6.自転車類 自転車及びその物の本来的用法として自転車の一部として使用される物品
【例】 空気入れ、かご、カバー等
7.写真機類 プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等
【例】 カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器
8.事務機器類 主として計算、記録、連絡等の能率を向上させるために使用される機械及び器具
【例】 レジスター、パソコン、コピー機、ファックス、シュレッダー
9.機械工具類 電機によって駆動する機械及び器具並びに他の物品の生産、修理等のために使用される機械及び器具のうち、事務機器類に該当しないもの
【例】 工作機械、土木機械、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機
10.道具類 (1)~(9)、(11)~(13)に掲げる物品以外のもの
【例】 家具、楽器、CD,DVD,ゲームソフト、玩具類、日用雑貨
11.皮革・ゴム製品類 主として、皮革又はゴムから作られている物品
【例】 鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製)
12.書籍 ※ 古文書等は美術品となる場合があります。
13.金券類 【例】 商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券

具体例

以上の古物の区分について、具体的なケースで紹介します。

パソコンの買取り

パソコンは事務機器類に該当するほか、ラックやPCソフトを取り扱う場合に備えて道具類を、モデム・ルーターの取り扱いに備えて機械工具類の取得も検討しておくとよいでしょう。

古着屋

古着は当然衣類に該当するほか、アクセサリ類として道具類を、カバンの取り扱いのために皮革ゴム製品を選択しておくと安心です。

ブランド品の買取

時計・宝飾品類で許可を取る方がほとんどです。加えて、ブランドバッグのために皮革ゴム製品の追加を検討しましょう。

>>【次ページ】警察署への事前相談

古物商許可を早く確実に取りたいときは代行サービスがおすすめ

当事務所の古物商許可代行サービスを利用すると、面倒な書類の用意や警察署に何度も出向く手間が省けます。

当事務所が用意する書類に署名と印鑑を押すだけで、かんたんに古物商許可が取れます。

⇒メールによるお申し込み・お見積もりはこちら

お電話によるお問い合わせは 03-3257-1195 (平日9:00~18:00)へお願い致します。

お気軽にお問合せ下さい。

このページの先頭へ